21世紀をたのしむ「昴」俳句会
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
星雲抄 昴8号
2008-06-29-Sun  CATEGORY: 昴 8号
星雲抄   早瀬 秋彦 抽出

仮臥しの仮死の白鳥よみがへれ 岡田 律夫
つぶやくも応ふもひとり息白し 木内 宗雄
ひらがなで語るはなしや春隣 米山 光郎
瑠璃懸巣翔つ翳あをき霧氷林 伊藤美沙子
鶺鴒に急かされてゐる余生とも 仁木 孝子
向き合ひしいのちの鼓動初明り 堀越 寿穂
天狼や隠岐に祷りの御火葬塚 小林 量子
子の知恵の着きくる日々や冬苺 小川 時子
薄氷や形身の赤きトウシューズ 齊藤 良子
わだかまり解けず仕舞ひや亀鳴けり 山田 恭子
狐火や上目づかひの女達 岸本 正子
血圧の上がり下がりや冬日暮る 相澤 秀司
下伊那は柚べしアルプス兵の墓 久 篤子
肩書の要らぬ人生蕗の薹 森田 幸子
蕗の薹故郷の風の声すなり 梨 豊子
桃青も蕪村もはるか冬銀河 定松 静子
清水屋書店消ゆ仲見世に冬の月 土田 京子
職退きてよりの褪せ色冬帽子 長沼ひろ志
遺児五人育てし母の菜つぱ飯 篠田 重好
卓袱台の足たたむ音一葉忌 西村 友男
天焦がす野火渡良瀬の大原野 松 守信
悴みし拳を固め拉致憂ふ 道官 佳郎
粧はず生きゆく余生初鏡 神戸 和子
日脚伸ぶこゑあげさうな沼ひとつ 火野 保子
ひそみゐる明日への期待蕗の薹 森 万由子
定まりし自分の色や衣替へ 齊藤眞理子
悴みて恨みつらみの中にをり 小林貴美子
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 21世紀をたのしむ「昴」俳句会. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。