21世紀をたのしむ「昴」俳句会
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
星雲抄 早瀬 秋彦 抽出
2008-10-30-Thu  CATEGORY: 昴 9号
星雲抄 早瀬 秋彦 抽出

くれなゐの渦巻く風の牡丹かな  岡田 律夫
雲うらの燃ゆる夕東風伊良湖岬  木内 宗雄
死顔を見にゆく桜大樹なる  米山 光郎
白鳥の百羽の首の動きけり  伊藤美沙子
初明り八十路の行方けむりをり  仁木 孝子
彼岸花真つ赤に咲いて母に逢ふ  堀越 寿穂
晩節の自負裏返るさくら冷え  小林 量子
病む夫の怯ゆる眼まなこ鬼やらひ  小川 時子
蹲踞に舌ならしをりうかれ猫  斉藤 良子
子供等の言葉の暴力薔薇は木に  山田 恭子
肩肘を張りて生きをり山笑ふ  岸本 正子
弁天の睡蓮惡女を癒やしをり  相澤 秀司
逢ひに来し影ある八十八夜かな  森田 幸子
草を引く愚直のわれに乾杯す  梨 豊子
連翹忌『智恵子相聞』再読す  定松 静子
マルクスを語らぬ世代麦の秋  土田 京子
八十八夜の髭豊かなり佐久の鯉  長沼ひろ志
遠く来し一茶の生地蟇に会ふ  篠田 重好
母の日や英世に届く仮名の文  西村 友男
風ぐるま賽の河原の水子塚  松 守信
燕の子明日翔つ空へ構へをり  道官 佳郎
若水を汲むや傘寿のたなごころ  神戸 和子
病廊のひそひそ話著莪の花  火野 保子
すくひたる命の重さ白魚網  森 万由子
水清き梨の木神社こぼれ萩  齊藤眞理子
春眠の独り占めなる虚空かな  小林貴美子
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 21世紀をたのしむ「昴」俳句会. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。