21世紀をたのしむ「昴」俳句会
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
星霜抄 早瀬 秋彦 抽出
2008-10-30-Thu  CATEGORY: 昴 9号
星霜抄  早瀬 秋彦 抽出

余生なほ目立ちたがりや葱坊主  大竹  仁
若人の書く絵馬瞳輝きて  小山けさ子
淡泊に生きて八十路の夏衣  鈴木八重子
大和には御仏多し春の月  井上  元
荼毘を待つしじま明りに春の雪  石井 深也
北国のサルビアあかり花時計  國分 利江
中天に風押し上げて花水木  林美智子
余生とは未知の歩みや春朧  久保田シズヲ
フェルメールの少女振り向く若葉光  田中 洋子
火取虫翅音たかく落ちにけり  伊勢谷峯雨
点と線のリハビリ一日雨蛙  篠崎 啓子
傘立てに杖もまじりぬ夏期講座  原  繁子
吹かれゐる白寿の叔父の白絣  鈴木 昌子
風光るフランスパンと笑ひ声  伊澤トミ子
肩張つて孤独に耐ふる羽抜鶏  谷口 秀子
リラ咲くや彼の世の兄の呼ぶかにも  矢野 欽子
若鷲のかへらぬ基地やさくらしべ  木島 幸子
山下通り桜吹雪のなかに佇つ  藤原 香人
夏柳オフィーリアの指触るるほど  福冨 清子
汚れなき家族の祈り十字花  今井千穂子
地下鉄を乗り継ぎてゆく櫻狩  渡辺 二郎
医者めざす娘の真顔梨の花  吉田美智子
木曾谷の明るくなりし麦の秋  西田 綾子
長生きの悲しみ深く亀鳴けり  橋 みえ
老残の従軍語る夏の宿  平野 欣治
紙飛行機の来てゐる広場水温む  山森千佳代
無我夢中に生き来て枯野見つめをり  山口 梅子
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 21世紀をたのしむ「昴」俳句会. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。