21世紀をたのしむ「昴」俳句会
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
星雲集 早瀬 秋彦選
2008-10-30-Thu  CATEGORY: 昴 9号
星雲集  早瀬 秋彦 選

泉鳴る  岡田 律夫
地の幸をかそかに伝へ泉鳴る
くれなゐの渦巻く風の牡丹かな
かげろふに嘶く石馬十三陵
たゆたひて渦に落ちけり花筏
藤ゆれて後宮息をひそめ居り
春月や運河にひびくカンツォーネ
逃水の果てや師のかげ友のかげ

伊良湖岬  木内 宗雄
群れメダカ一時を過ぎし野良時計
伊良湖岬花菜明りの句碑ひとつ
雲うらの燃ゆる夕東風伊良湖岬
柳絮飛ぶ脇町すじの虫籠窓
時化上がりして来し宿の蜆汁
日に一度届く郵便昼蛙
薊咲く恋路ヶ浜の濡れ仏

桜大樹  米山 光郎
無縁塔四方に翳ある花ぐもり
花筏僧侶になみだばなしあり
死顔を見にゆく桜大樹なる
鳥雲に入るてのひらに筋三本
耳鳴りのなかに人の死花のころ
桃咲いて弔ひのある扇状地
神領に入り松蝉の尿ひかる

百羽の白鳥  伊藤 美沙子
トランペットの少年風となる枯野
白鳥の百羽の首の動きけり
凝り鮒わが老先のけむりをり
煮凝りや脳裏にくらき佐渡の海
吹きあがる鬼石の山気寒ざくら
アルプスを背に稻架掛けの干大根
平講の尼の手白し切山椒

初明り  仁木 孝子
鵙啼くや躓きやすき老いの坂
冬帽や長崎ぶらぶらグラバー邸
初蝶の連れ舞ふ空や筬の音
初明り新渡戸旧居の樟大樹
祥しょんずい瑞の藍のさやかに初点前
初明り八十路の行方けむりをり
初刷や北斎の涛躍り出る

俺の道  堀越 寿穂
外燈の笠が鳴つてた冬の夜
追ひかけて少年はるか虹となる
雲の峰ゆるがぬ決意俺の道
節穴を覗いてをりし夏の昼
夏の浜に足あとつけし少年期
ペンペン草俺だけの道歩いてる
彼岸花真つ赤に咲いて母に逢ふ

さくら冷え  小林 量子
晩節の自負裏返るさくら冷え
雀がくれいつしか秒針いらぬ日々
泣き木偶の海峡ひかる花の雨
葉桜や騎馬青年の白きシャツ
沖波のしるき残照吊雛
海のいろ透きて鰈のすだれ干し

鬼やらひ  小川 時子
宣告の余命短かし寒牡丹
病む夫の怯ゆる眼まなこ鬼やらひ
管の数増えゆく夫や余寒なほ
節分や病ベ ッ ド床に豆の皮あまた
病む人の電話明るし柿若葉
病む夫を叱咤してをり花明かり
病む夫と諍ふ我や夏の風邪

うかれ猫  斉藤 良子
等伯の松となりゆく朧かな
ビル街の窓の光芒目借どき
瀧千条波打つしだれ桜かな
揚雲雀自在の天地ほしいまま
蹲踞に舌ならしをりうかれ猫
褻も晴れも裏表なり柏餅
菖蒲湯に昭和の五感解き放つ

薔薇は木に  山田 恭子
子の主張通りしつるべ落しかな
人形遣ひの門付けの有り陽炎へる
ハンカチの木に風渡り閃けり
小さき家の押しくらまんじゆう燕の子
子供等の言葉の暴力薔薇は木に
度重ね痛む日日有り終戦忌
凌霄の窓省エネに暮れにけり

春  岸本 正子
肩肘を張りて生きをり山笑ふ
蕗の薹不屈の意志を思ひをり
仇となる温情もあり剪定す
ブッセ詩集の手擦れの痕や陽炎へる
春泥を面上げよぎる真砂女の影
二人静愛憎越えし老夫婦
正装を解き放ちけり目刺食む

秩父両神  相澤 秀司
人気なき歌舞伎子鹿野の町薄暑
露天風呂見下し秩父の山笑ふ
両神の湧き湯の渓や風みどり
木漏れ日の林道歩む薄暑かな
弁天の睡蓮惡女を癒やしをり
狂母祀る桜蘂降る荒御堂
子の権現近道とあり桐の花

八十八夜  森田 幸子
骨董市に茶釜のありし朧かな
紙風船追へば逃げゆくものばかり
一芝居打たれてゐたり夜の薄暑
短夜の夢寐に遇ふ人優しかり
あき缶にメンコ三枚梅雨入かな
怒り肩の作務衣の僧や別れ霜
逢ひに来し影ある八十八夜かな

乾杯  梨 豊子
はつなつや顔映るまで床磨く
新茶買ふ店の内儀の齢不詳
文盲の祖母の遺墨やねじれ花
卯の花や少女に還り友逝けり
父祖の地に残る墳墓や麦の秋
草を引く愚直のわれに乾杯す
まひまひの愚行やわれも戦中派

連翹忌  定松 静子
師を語る北川会長の声涼し
連翹忌『智恵子相聞』再読す
舞ひ降りるところつかめず梅雨の蝶
万太郎の文字は小粒やあたたかし
連翹忌『画学生智恵子』再読す
CDで『智恵子抄』聞く連翹忌
春しぐれこけし童わらべの眼は涼し

麦秋  土田 京子
マルクスを語らぬ世代麦の秋
麦秋や遠き昭和に手を振らむ
問答無用の和尚の顔や河鹿笛
祭浴衣男むすびの博多帯
薔薇一輪書き出し遅々と見舞ふ文
バージンロードブーケの薔薇の胸ゆたか
跡継ぎも父似いやはや祭好き

八十八夜  長沼 ひろ志
雛捨て一目散に子は帰る
大川端に戦時の記憶木の芽どき
春泥やじんたの響き迫り来る
春眠の覚めて肩書なかりけり
大股に来て連翹を見つめをり
漁師妻の目の子勘定麦の秋
八十八夜の髭豊かなり佐久の鯉

桐の花  篠田 重好
はじめての道と思へず桐の花
遠く来し一茶の生地蟇に会ふ
切株に蟇蹲踞して動かざり
祭酒酔ひし一人が泣き上戸
浴衣着しモジリアーニの女かな
幼な児とはぐれひまはり迷路ゆく
瑰や少年沖を見て立てり

河鹿笛  西村 友男
母の日や英世に届く仮名の文
暗がりに消えゆくシテや薪能
葛餅に看取り疲れを癒しをり
河鹿笛宿のメニューに添へてみし
世の隅に生きて食みをり豆の飯
ほろ酔ひの枕に透る河鹿笛
地下足袋の凛々しきをんな神輿かな

恐山詣で  松 守信
梅雨兆す古書肆に太宰文庫本
保護柵に倚りし寒立馬の親仔
林立の風車を鳴らし強山背
霊山へ分け入る小径木下闇
恐山詣での山路泉汲む
風ぐるま賽の河原の水子塚
新緑の八峰映し霊湖寂ぶ

燕の子  道官 佳郎
山河のいろ溶けし母郷の泉汲む
燕の子明日翔つ空へ構へをり
余花の雨忘れられたる兵の墓
アベマリア森蔭に聴き泉汲む
鶴折りし妻の病床おぼろの夜
リハビリの妻に腕貸す若葉風
梨の花盛りの多摩の地の湿り

若水  神戸 和子
若水を汲むや傘寿のたなごころ
味噌汁は術後の癒し春浅し
二間四方の病窓の空春浅し
白蓮に迎へられをり退院す
忘れ癖深まる姉や野に遊ぶ
老深む二人三脚梅は実に
漬梅の姑に受け継ぐ塩加減

五月の風  火野 保子
頭上過ぐ大きはばたき春深む
病廊のひそひそ話著莪の花
マーガレット雨のバス停明るくす
禅林をめぐれる水音明易き
教会に鳩あつまつて子供の日
五月晴声生きいきと畑の人
鴉追ふ児もよちよちと五月の風

白魚網  森 万由子
春泥に道みちしるべ標あり遠流の島
まつさらな木の香に咽せて剪定す
浅春の光を散らす鴎どり
すくひたる命の重さ白魚網
噴きはじむ飯盒の蓋山笑ふ
歪みゆく鍵穴見ゆる朧かな
二つ三つだんまりの貝蜆汁

京の秋  齊藤 眞理子
秋深き涯まで続く赤鳥居
水清き梨の木神社こぼれ萩
耳塚の大きなること冷まじき
菊翳る養源院の血天井
末枯るる山門失せし方広寺
嘲笑も批判も遠し芒原
京の秋入口狭き先斗町

芋の花  小林 貴美子
春眠の独り占めなる虚空かな
醒めやらぬ春眠の底感じをり
暮れ迫る荒磯のひびき薊咲く
連翹や黒目がちなる子等集ふ
白鳳の菩薩俯く百ゆ合樹り若葉
高層のビルの残照芋の花
故郷に残る城壁祭笛
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 21世紀をたのしむ「昴」俳句会. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。