21世紀をたのしむ「昴」俳句会
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
主幹句集  昴 8号 平成20年春号(通巻27号)
2008-06-29-Sun  CATEGORY: 昴 8号
水 温 む  早瀬 秋彦

病み抜けて生くべし蜆呟けり

予後の歩に力込めゆく木の芽晴れ

身を責むる悔いの歳月鳥雲に

裏返る記憶の闇に亀鳴けり

剪定や忽と欠けゆく知己はらから

春泥にまみれし予後の歩みかな

駄菓子屋の玻璃窓明り水温む

鶯や杣の朝餉の汁熱し

陽炎や明神下に江戸の影

風鳴りの祈願の絵馬や梅香る


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 21世紀をたのしむ「昴」俳句会. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。