21世紀をたのしむ「昴」俳句会
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
諸家近詠  道官佳郎 抄出  昴 8号
2008-06-29-Sun  CATEGORY: 昴 8号
諸家近詠  (順不同)  道官佳郎 抄出

木枯しが知る南溟の一つ星  小澤 克己(遠  嶺)
竹の春くちびる赤し寝釈迦かな  高岡すみ子(さいかち)
地上絵を統べる位置までいかのぼり  能村 研三(沖)
初声は天より水はかなたより  落合 水尾(浮  野)
もののふの汝もひとりや寒椿  角川 春樹(河)
流れゆく水の如くに年暮るる  大井戸 辿(欅)
初霞見えざるものは見ずにおく  大串  章(百  鳥)
去年今年無言のままにすれちがふ  鷹羽 狩行(狩)
もう春よ春よと花束の届き  木内 怜子(海  原)
これ以上枯れきれず立つ破芭蕉  舘岡 沙緻(花  暦)
業今も炎尽きざる除夜の鐘  石井  保(保)
冬の灯へ一書遥かな夢誘ふ  仁科 文男(白  炎)
みづからの目覚め促す初御空  雨宮 抱星(草  林)
来し方の火種の揺れてどんどの火  久保 保徳(草  炎)
明暗を分けて冬木の夜明かな  青柳志解樹(山  暦)
住みづらき浮世に生きて野菊の美  保坂加津夫(いろり)
石庭の石大寒に入りにけり  倉田 紘文(蕗)
そのままに冬のどんぐり地へ還す  星野麥丘人(鶴)
島よりの郵袋ひとつ松過ぎぬ  原田 青児(みちのく)
御由緒を余さず読めり初詣  仁尾 正文(白魚火)
主の前へ真直ぐに伸び霜の道  今瀬 剛一(対  岸)
寒菊を切り海光を引きにけり  中村 石秋(其  桃)
南畦の枯れ字深めし園の枯れ  河野  薫(あざみ)
早梅や音して風は家めぐり  村田  脩(萩)
老いぬれど枯れ急ぐもの無き暮し  小川 恭生(鵙)
萍を離るる水輪見張鴨  斎藤 夏風(屋  根)
賓頭盧のおん目失せたる寒さかな  鈴木 貞雄(若  葉)
父母亡くて天心に置く後の月  藤木 倶子(たかんな)
風花や蹌踉の歩の追ひ越され  澤田 緑生(鯱)
雪掻の挿し立てしより時間見ゆ  中戸川朝人(方  円)
混沌の世へと逃げ来て松の蝿  井上 論夫(加里場)
数珠玉を干して上総は水の国  鈴木 太郎(雲  取)
湯豆腐の中の青菜や嵯峨泊り  鈴木 鷹夫(門)
縄文の遺跡に犬と初走り  柴崎左田男(紫陽花)
わがための厨に生きて寒蜆  志摩 知子(和賀江)
春めくと忘れられない山ありぬ  松澤  昭(四  季)
貘枕雨の匂ひのしてならぬ  松澤 雅世(四  季)
江戸つ子のざつくばらんや雁帰る  鈴木 勘之(南  天)
翅はしろがね脚はくろがね冬の蝿  高野ムツオ(小熊座)
冬座敷一休の輿でんと据ゑ  山口超心鬼(鉾)
愚直もて守る一誌や冬紅葉  松本津木雄(阿  吽)
冬ざれや無縁仏に石積まれ  永方 裕子(梛)
石像の怒髪に止まる月しづく  小泉八重子(季  流)
春蘭の踏まれてありぬけもの径  野崎ゆり香(堅香子)
平らかな世過ぎもまれに雪中花  三田きえ子(萌)
春を待つ水輪の芯に番鳥  加藤 耕子(耕)
澄む水を澄むまま落す水車かな  松尾 隆信(松の花)
いま山を出でし日を浴ぶ鷹一羽  増成 栗人(鴻)
亡き父は大福が好き冬ぬくし  稲田 眸子(少  年)
枯野来て枯野に同化してゐたり  塩川 雄三(築  港)
福耳を褒められてゐるマスクかな  山崎ひさを(青  山)
初波に巌頭マリア鳥翔たす  波戸岡 旭(天  項)
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 21世紀をたのしむ「昴」俳句会. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。