21世紀をたのしむ「昴」俳句会
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
光芒抄  昴 8号
2008-06-29-Sun  CATEGORY: 昴 8号
光芒抄  早瀬 秋彦 抽出

薄目せる千仏千手冴え返る  大島 道夫
ミルクティ口すぼめ吹く鳥雲に  星  道夫
気配りの母の人生鳥雲に  曾澤 榮子
悴みて老々介護一途なる  石塚恵美子
白魚や連弾の手のきらめける  佐々木久子
城下町にありし青春梅香る  早瀬 安女
冬霞朝霞に陸上自衛隊  柴田千鶴子
喪中はがきの返信を書く年の暮  川崎 忠康
鮟鱇の「叫び」のごとく口開く  木島サイ子
猪八重瀧紅葉に映えて轟ける  水元 榮子
余生なほ追はるる思ひ去年今年  又木 順子
すつぴんの富士の全容鰯雲  本田ハズエ
冬木立明日に託せしいのちとも  藤原 淑子
浄土への旅は片道梅真白  原  里歌
成人式の娘の香華やぐ美容室  島田ミネ子
春光の中へ飛び出す下校の児  立川 明朗
健やかな夫との生活聖夜来る  樋口 栄子
国後は指呼の中なり雪しまく  内藤 宗之
ビロードの足袋繕ひし昭和の日  山地 定子
降る雪や更地となりし父母の家  北島美年子
土匂ふもんぺに着替へ鍬始  小能見敦子
耳うちの子の息温し春隣  藤沢 正幸
ひなまつりよくぞこれまで健やかに  中島 勝郎
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 21世紀をたのしむ「昴」俳句会. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。