21世紀をたのしむ「昴」俳句会
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
光芒集  昴 8号
2008-06-29-Sun  CATEGORY: 昴 8号
光芒集  早瀬 秋彦 選 

冴え返る  大島 道雄
斑鳩に積りし時やお身拭ふ
遠き日の風韻香る雑煮椀
大寒の古木切られて匂ひたる
神護寺や厄投げ入るる冬の谷
薄目せる千仏千手冴え返る
裏露地に淡雪降れり高瀬川
閼伽の井の水温みゆく御室かな

鳥雲に入る  星 道夫
鳥雲に地下三階のサウナ風呂
目深にす別れの帽子鳥雲に
折合はぬ話を返し鳥雲に
遠のいてゆくことばかり鳥雲に
鳥雲に逢ふも別れも駅に来て
鳥雲に隧道明りつきしまま
ミルクティ口すぼめ吹く鳥雲に

鳥 雲 に  會澤 榮子
納棺や冷えゆく母の頬に触れ
気配りの母の人生鳥雲に
残さるる向かひの小田や鳥雲に
スコップの三掻きに足りる春の雪
茅葺の亡は母はの生家や春浅し
校垣をはみだしてゐる蕗の薹
早起きの宿に眩しき春の湖

冬に入る  石塚 惠美子
世に生くる迷ひさまざま木の葉髪
南禅寺湯豆腐鍋も三世代
息白く代々木の杜を抜け来たる
霧島や庭先に来る鹿の群
高千穂の峰の残照冬に入る
悴みて老々介護一途なる
エジンバラ城の水仙雨上る

天 狼 星  佐々木 久子
韃靼の血潮の叫び天狼星
青星に大和魂見えかくれ
韃靼の裔天狼に雄叫びす
白魚や連弾の手のきらめける
調和なき五感のさびや春寒し
急きゆくや母を看取りに雪二尺
大焼野三月八日の夜空なる

梅 香 る  早瀬 安女
健康に気遣ひてをり寒卵
城下町にありし青春梅香る
生き下手の友と語りし新茶かな
春燈や夫の好みのメンチカツ
生くる意味問ひし青年春燈下
腰痛に悩む弟春の雪
解らざるピカソの絵画春の雲

原宿句会  柴田 千鶴子
捻挫ぐせ出し極月の松葉杖
冬霞朝霞に陸上自衛隊
乳呑み児の乳呑む刻や実千両
白魚の黒目みつめし子のひとみ
春浅きシロガネーゼとチョコレート
ベルギーの空の群青烏貝
蝌蚪の群いまはなごみのひとときと

去年今年  川 忠康
湯豆腐は予後の生き甲斐しみじみと
時雨るるや乗客二人の過疎列車
喪中はがきの返信を書く年の暮
生きてゐる証し確かめ初散歩
潮の香を五臓六腑に初句会
温暖化といふに厳しき余寒かな
若水や光太郎の詩を大書する

春 の 磯  木島 サイ子
立春の汀縞なす水尾あかり
「華の歌」悴む手話で伝へたる
呼びかける声吸はれけり春の磯
花蜂の黄まみれにして動けざる
鮟鱇の「叫び」のごとく口開く
頼らぬと決めて頼りし牛いの膝こづち
手にしたる小瓶ゆかしき梅酒の香

紅   葉  水元 榮子
助け合ひ老いゆく日々や秋深し
湯豆腐をすくひひと日を語り合ふ
猪八重瀧紅葉に映えて轟ける
山径の翳りに赤き冬苺
拾ひ来しさくら紅葉を押し花に
校庭を駆けし追憶冬木立
新嫁を里に迎へし年賀かな

去年今年  又木 順子
誰彼の古稀となりゆく秋惜しむ
紺青の彼方の故郷海は秋
余生なほ追はるる思ひ去年今年
湯豆腐やほどほどに足るわが生活
澄み渡る生活の音や冬晴るる
衣食足る世に悴みてもの思ふ
燃ゆるいのちひそめてをりぬ冬木立

河 鹿 笛  本田 ハズエ
人声の増え行く日々や梅三分
渓流を風渡りゆく河鹿笛
減量を果たせずにをり更衣
語り合ふ師との思ひ出秋深し
すつぴんの富士の全容鰯雲
器量良き宿の女将や秋袷
出来ばえは手慣れし夫の注連飾り

冬 木 立  藤原 淑子
冬木立明日に託せしいのちとも
先頭の君が代唱歌大旦
寒雀弾みて集ふ二階かな
冬茜切絵のごとき木々の影
湯豆腐に和みてゐたる二人かな
夭折の甥のかんばせ帰り花
手の甲の皺見つめをり秋深し

さみだれ  原 里歌
石佛のまどろむ里や油照り
古里の灯り優しき弥生かな
浄土への旅は片道梅真白
取れさうで手には届かぬ春の星
鯉のぼり雨に溺れてをりにけり
約束を忘れし友やさみだるる
風薫る日向の洋の青さかな

成 人 式  島田 ミネ子
麻痺の手をにぎる友あり冬木立
冬麗の海原青き日向灘
しびれゆく酔ひと歌あり年忘れ
成人式の娘の香華やぐ美容室
手つむぎの布地に和みぬ秋袷
言葉なき病ひの友や秋の暮
日もすがら草食む野生馬天高し

春   光  立川 明朗
返り花往きも帰りも坂の道
縁側に昼の陽のさし花八手
冬の月鉄骨黒く建ちてあり
友よりの旅の誘ひも年の暮
星空へ梢広げる冬欅
路地抜けし風の砂浜黄水仙
春光の中へ飛び出す下校の児

聖   夜  樋口 栄子
健やかな夫との生活聖夜来る
冬帽子かねやすで待つ人の影
なほざりの日日の悔恨初明り
七草の粥炊かしぎをり母偲び
白壁に映ゆる日射しや寒椿
踏まれても生くる思ひや蕗の薹
鶯の声のゆくへを探しをり

つるし雛  内藤 宗之
国後は指呼の中なり雪しまく
寒林の一本道や星光る
寒晴れや釣師の背の丸くなり
初午やビル屋上の朱の鳥居
半纏の二月礼者や鳶頭
飛び立ちし羽のしぶきや水温む
ゆうらりと寄せくる波やつるし雛

昭和の日  山地 定子
記念樹に振りかへり行く卒園児
割り切れぬ事のみ多し朧月
どこまでも一途を通す猫の恋
ビロードの足袋繕ひし昭和の日
行商の背負子に残る春の雪
寒ぼたん藁を透きくる日差しかな
おのが身を問ひつめてゐし春疾風

雪  北島 美年子
街道の石州瓦しぐれくる
銀山の六百の間歩しぐれけり
冬晴や河原に仰ぐ錦帯橋
聖夜祭ミラーの中の冬の月
くつきりと眉を描きて初仕事
降る雪や更地となりし父母の家
東京の雪載せてゆく列車かな

鍬   始  小能見 敦子
土匂ふもんぺに着替へ鍬始
笹子鳴く羽音のかたに耳立つる
春近し白寿へと母誕生日
在りし日の夫の笑顔や冬薔薇
悴みて弔辞を読める友の声
春風邪にうかと寝つくや粥炊く子
下萌の土手を日課のウォーキング

落   椿  藤沢 正幸
冬木立夕日に映ゆる遠筑波
耳うちの子の息温し春隣
落椿肚が据つてゐたりけり
春浅し肩で分け入る「ゆ」の暖簾
近道の思はぬ暗さ梅匂ふ
恋の絵馬紛れてをりぬ梅の宮
桜の芽西高東低ゆるみ出す

ひなまつり  中島 勝郎
氷上で舞ふは乙女の五体かな
うえのやま菰を抜けをり冬牡丹
自堕落に横になりしや初寝覚
小雪舞ふ鬼怒のほとりの温 いで 泉ゆかな
天神に駆け込み祈願涅槃西風
ひなまつりよくぞこれまで健やかに
生業を離れし作句春の宵
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 21世紀をたのしむ「昴」俳句会. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。